歴史的資源を活用した観光まちづくり

最新情報

概要

古くから住まう地域の人々と外部の様々な専門知識を持った事業者とが一体となって地域再生に取り組み、そうした中で、観光による交流人口の拡大を通じて、耕作放棄地が解消されるなど限界集落が一変する姿、地域の空き家や商店街の空き店舗が改修・活用されて、本来のまちなみを取り戻した姿、さらには、新たな雇用が生まれ、UIターンの若者が増加したり出生率が大幅に向上するなど、まちやむらに人が戻り活気がよみがえってきたという姿の中に、今後の観光・地域振興の鍵があります。
政府では、以上のような課題認識から、2016年9月に「歴史的資源を活用した観光まちづくりタスクフォース」を立ち上げ、古民家等の歴史的資源を各地域で観光資源として再生・活用する民間有識者の方々からヒアリングを行い、それらを踏まえて中間とりまとめを行いました。その中間とりまとめを踏まえ、意欲ある地域の相談を受け付ける連携推進室を設置するとともに、相談への対応と解決策を協議する専門家会議を開催しました。連携推進室では、①まちづくり組織の組成、②まちづくり計画の策定、③物件活用に向けた所有者との調整・交渉、④物件活用事業者の募集とマッチング、⑤物件の改修、⑥事業の運営について等様々な地域の取組について相談を受け付けます。相談に対しては、連携推進室と専門家会議が官民一体となって支援し、オーダーメイドで対応することにより、地域の特色を活かしつつ取組を実現化し、地域を再生・活性化することを目指します。

2020年までに全国200地域での取組を目指し、まちづくりの異業種からなるワンセットの専門チームが伴走支援を開始します。

補助金などの各省庁の支援メニューは、こちらをご参照ください。 ダウンロードする

取組事例

篠山(兵庫県)

篠山藩の城下町として栄えてきた篠山町も少子高齢化の影響で過疎化が進行していましたが、篠山城の城下町全体を「ひとつのホテル」と見立て、築100年超の古民家を含む4棟を宿泊施設、飲食店等として改装した結果、その土地の文化や歴史を実感できる複合宿泊施設として再生致しました。 (詳しくはこちら

丸山(兵庫県)

限界集落と言われた小さな集落であった「集落丸山」は、緑の柔らかい景色の中に築150年以上の古民家が点在する古き良き日本の原風景を残しておりました。この美しい村の古民家と自然環境を活用し、有志からの出資や補助金をもとに3棟の古民家を改修し、「日本の暮らし」を体験する滞在施設として再生致しました。 (詳しくはこちら

相談方法

相談シートを右記よりダウンロード。

「相談シートに記入の上、添付して送付」または、「相談シートの内容をメールに記載して送付」
送付先メールアドレス:kominka@mlit.go.jp

ご相談内容を確認後、連携推進室よりご連絡します。
※専門家会議構成員及び委託事業者と情報を共有する場合があります。

歴史的資源を活用した観光まちづくり専門家会議構成員一覧(敬称略、五十音順)

植松 うえまつ 克則 かつのり

(株)千葉銀行 法人営業部長

ニューヨーク支店長、経営企画部担当部長などを経て現職。平成27年11月に「ちばぎん地方創生融資制度」の創設を企画し、保証や担保に依拠しない事業性を重視した融資を推進している。当該融資制度を活用し、地域の観光拠点を整備する事業や、古民家の再生事業に融資を行う等、観光事業の活性化と地方創生に取り組む。

上山 かみやま 康博 やすひろ

(株)百戦錬磨 代表取締役社長

楽天トラベル(株)執行役員として、交通機関とのダイナミックパッケージなど、ITを活用した数々の先進事業を開発。その後、地方消費の促進、宿泊施設不足の解消などをコンセプトに、2012年6月(株)百戦錬磨を設立。民泊仲介プラットフォームとして、国家戦略特別区域法を活用した滞在型宿泊施設から日本の伝統文化や農林漁業体験ができる宿を取り扱う「STAY JAPAN」を展開中。

金野 きんの 幸雄 ゆきお

(一社)ノオト 代表理事

兵庫県職員、篠山市副市長を経て現職。限界集落や農村地域の再生、歴史的建築物活用などに取り組む。篠山市では、40軒を超える古民家の再生を行うとともに、起業家や事業者を誘致し、ホテル、レストラン、カフェ、工房などが立ち並ぶ、魅力的な城下町等の街並みを実現。近年は、地域金融機関やREVICとも連携し、取組を全国に拡大。

才本 さいもと 謙二 けんじ

(有)才本建築事務所代表取締役

京都府生まれ。兵庫県内の設計事務所勤務後1989年に独立。現在は丹波篠山を中心に活動中。人・風土・文化を大切に、古民家再生を13年で249物件手がけた実績を持つ。ヘリテージマネージャーとして指定・登録・伝建地区の文化財修理、NPO法人理事として12年前から市民と協働して古民家再生プロジェクトを主導。また、数多くの古民家を用途変更(コンバージョン)し、安全性を確保しながら現行法規との整合性を追求。合わせて伝統工法に携わる若手職人グループを立ち上げた。

杉山 すぎやま 尚美 なおみ

(株)ぐるなび 執行役員

大阪府出身。2000年ぐるなび関西入社。2013年よりインバウンド担当として国内外の企画に取り組む。現地レストランや料理人を組織化することで、レストランを媒体とした訪日プロモーションの可能性に注目。2016年10月に台湾・香港・上海・タイ・シンガポールで現地和食レストランを通して、東北食材のPRや東北へのインバウンド増加を促すイベントを開催。食文化の担い手である料理人ネットワークを活用し全国各地の食材発掘ツアーやレシピ開発などの取組にも携わる。

他力野 たりきの じゅん

バリューマネジメント(株)代表取締役

(株)リクルート退職後、2003年にホテルや結婚式場等の施設再生を目的として創業、2005年2月にバリューマネジメント有限会社として法人化。2006年7月に商号変更し、現職。
「文化を紡ぐ」をコンセプトに、文化財など歴史的建造物をレストラン、結婚式場、宿泊施設等に利活用する事業を展開し、篠山城下町ホテル「NIPPONIA」をはじめ、多くの古民家を活用した宿泊施設を運営している。志の高いベンチャー企業の経営者を表彰する「ジャパンベンチャーアワード2016日本文化再生特別賞」受賞。

藤井 ふじい 大介 だいすけ

(株)ファーム・アンド・ファーム
・カンパニー代表取締役/
(株)大田原ツーリズム代表取締役
(1975年生まれ)

観光地でもない地域で農家民泊や農村体験プログラムを作り、国内外から誘客する滞在型の農村観光を大田原で構築。学校や企業向けに廃校や古民家なども利活用している。定住施策や農村での創業支援も行い地域活性も手がける。
事業家として農村観光の他、飲食、惣菜、商品開発の事業などを展開し、経営コンサルタントとして企業再生やまちづくり、地域再生を手がけている。中小企業診断士。

前橋 まえばし 昭夫 あきお

(株)栃木銀行 法人営業部長

1983年入行、4店舗の支店長、審査部長を経て、2016年6月から現職。同行では、2015年4月に地方創生に携わる専担部署として法人営業部内に地域創生室を創設。地域活性化ファンドやクラウドファンディングの活用による地域企業の創業の支援や様々な自治体と連携協定を結び地方創生のサポートを行っている。宇都宮市では、まちづくりに資する空き家等の活用検討や民間における空き家ビジネスの醸成に取り組む。

宮崎 みやざき 晃吉 みつよし

「HAGISO」・「hanare」代表/
東京藝術大学非常勤講師

東京谷中の築60年の木造アパート「萩荘」を最小文化複合施設「HAGISO」へ改修するプロジェクトで建築設計、プロデュース、施設運営を手掛ける。また、2015年より“まち全体をひとつのホテルに見立てる”ネットワーク型の宿泊施設「hanare」をスタートさせる。

村田 むらた 哲太郎 てつたろう

(株)スリー・ボックス 代表取締役

外資系企業勤務を経て、2015年より全国各地の古民家再生に携わる。現在は株式会社スリー・ボックスの代表取締役として、日本酒の海外輸出や、酒蔵の海外/国内販売のマーケティングのコンサルティング業務、飲食店経営事業に携わる一方、同社の酒蔵再生事業の一環で、使用中の酒蔵や空き家となってしまっている酒蔵を宿泊施設や文化施設等の観光資源として転用する事業やそれに伴うコンサルティング業務も手掛けている。

米良 めら はるか

READYFOR(株) 代表取締役

大学院在学中に日本初のクラウドファンディングとしてREADYFORを立ち上げ、平成26年に法人化し、現職。島根県(石見銀山)の鄙舎(ひなや)における茅葺き屋根の葺き替えや、群馬県東吾妻市での古民家の改修など、「観光」「まちづくり」といったカテゴリーでのプロジェクトも多数掲載。内閣府の「国・行政のあり方懇談会」委員等、国内外の数多くの会議にも参加。

渡邊 わたなべ じゅん

(株)地域経済活性化支援機構 常務取締役

公認会計士として、上場会社等の財務諸表監査及び内部統制監査に従事。平成21年10月以降(企業再生支援機構含む)、地域活性化オフィスにおいて、主に病院等の事業再生や活性化・事業再生ファンド業務を担当。現在は、組成したファンドの運営を統括するなどし、地域の再生・活性化の取組を進めている。

お問合せ先

内閣官房 歴史的資源を活用した観光まちづくり連携推進室

〒100-8918 東京都千代田区霞が関2-1-3
kominka@mlit.go.jp

PAGETOP